採用情報

田口綾人

  2012年入社
  営業本部 国内営業グループ
  田口 綾人
  文理学部 中国語・中国文化学科卒

入社動機
正直に言えば船にも興味はまったくなく、少しマニアックな業界なのでおもしろそうかなという軽い気持ちで応募しました。しかし、面接に向けて会社の情報を調べてみると三信でしか作っていないものがあったり、三信の製品を装備した船が国内のみならず海外の大海原を航海しているという事がわかった時、「この会社であれば特別な仕事が出来る」と思え、それが一番の志望動機になりました。
仕事内容
現在は国内の大、中、小型造船所殿を担当しており、造船所殿と打ち合わせして、この船には三信のどんな製品が合うか相談しながら新しい船を造るお手伝いをしています。一口に打合せといってもルールの縛りや、船主殿の希望、造船所殿の希望、そして三信の希望があるので、その中で全員が満足出来るモノにしていくことはとても大変な事です。しかしながら打合せの中から新たなアイディアが生まれたり、信頼関係を構築していくことはとても面白く、それが私にとっては仕事のやりがいとなっています。
目標・夢
一番の目標は自分の子供達に将来「お父さんはどんな仕事をしているの?」と聞かれた時に、子供達が嫌がる位に自慢が出来る仕事をしていきたいと思っています。船の世界は深いので、5年経っても毎日勉強中の状況です。なので、何年先になるかはわかりませんが、「全世界の船にかならずついているのは三信の○○」そんな製品を販売していける様お客様とアイディアを考えながら頑張っていこうと思っています。
この会社のイメージ
面倒見が良いの一言に尽きると思います。もちろん見た目が優しい人もいますし、怖い人もいますが、みんな根本の所では持っている知識は惜しまず教えてくれる方ばかりです。教え方にしてもただ結論だけを伝えるのではなく、こういう原因があり、その後こういう過程がある、だから結果はこうなるんだ。という教え方なので、自分の身になる勉強が出来ます。
一言
私の手配ミスである部品が間に合わなかった時、みんなが親身になってくれて、全国の営業所、各営業担当の客先の造船所殿、電機屋殿にまで在庫がないか調べてくれた事がありました。無事全国から集める事が出来ましたが、その時は本当にみんなの優しさが泣きそうになるくらい嬉しかったのを覚えています。

前ページへ